【ポケモンGO】サカキ対策で必須のペルシアンに勝てない方は必見です!!

こんにちは、ばるもん(@barumonGO)です!^_^
X(旧Twitter)では、ブログ主のポケモンGOのつぶやきや本ブログ更新などを発信しております。

今回はGOロケット団のボスであるサカキが使用する「ペルシアン」について徹底解説・攻略を紹介していきます。この記事では「ペルシアンのみ」の解説ですので、最後(3匹目)の伝説のポケモン等は紹介しておりません!

なぜ、ペルシアンに特化したのかは後ほど説明します。

悩めるポケGO
トレーナー

サカキのペルシアンから先に進めない!

かくとうタイプに弱いのに返り討ちに遭うよ…

  • サカキのペルシアンが強いと言われる理由がわかる
  • 最大強化していないポケモンでも勝つことが出来る
  • 最後に、サカキに関わらずロケット団リーダーにも有利になる戦い方教えます!

初心者の方やポケモンの育成がなかなか出来ない方にも、勝てるようなポケモンや戦い方を紹介していきたいと思っています。

プロフィール
X(旧Twitter)→@barumonGO
ばるもん
ばるもん

この記事を最後まで読むことで、今後もサカキが登場したときに対策して戦うことが出来ますよ!

スポンサーリンク

ペルシアン対策は重要

冒頭でも言いましたが、なぜペルシアンのみ解説するのかというと、しっかり対策しないと上級者の方でも負ける可能性があるからです!

初心者の方や対策しないで戦うと敗北する可能性があります。
そのくらい、あの猫は強いです!笑

ペルシアンが強い理由を箇条書きでざっくりまとめます▼

  • ペルシアンの通常技だけでゴリゴリ削られる
  • 唯一苦手なかくとうタイプで攻めても返り討ちに遭う。
  • こちらが技を使っても2回シールドを使ってくる。

そして、対策する理由がもう1つあります…。

それは、サカキは初手(1匹目)は必ずペルシアンを使ってくることです!

過去に何度もサカキは伝説のポケモンを変えては、私たちトレーナーの前に姿を表してきますが、2匹目・3匹目を変えてもペルシアンだけは、ずっと固定です!

つまり、1度対策する攻略法が分かってしまえば、これからもペルシアンに苦戦することはないということになります!

ペルシアンの使う通常技・弱点

対策ポケモンを紹介する前に、こちらが最低限知っておくべきペルシアンの情報は以下の通りとなっております。

弱点かくとう
通常技(わざ1)ノーマルひっかくだましうち
ゲージ技(わざ2)は、あまり重要じゃないので省略します

どちらも比較的わざのスピードが速いので、こちらのHPが削られやすいです。
しかし、ゲージ増加量は低めなので、ペルシアンがゲージ技を打つ事は少ないでしょう。
使ってきた場合は、シールドを使いましょう!

ばるもん
ばるもん

ひっかく」か「だましうち」で戦略が変わってしまうのが、

少し厄介ですね…

ペルシアンはノーマルタイプですので、弱点はかくとうかくとうタイプのみです。

ノーマルひっかくの場合

  • いわ、はがねタイプ耐性を持っています。
  • また、ゴーストタイプ2重耐性で大きく軽減出来る。

だましうちの場合

  • かくとう、あく、フェアリーの3タイプは耐性を持っています。
ばるもん
ばるもん

ひっかく対策でギラティナのような、ゴーストポケモンで

攻めたら「だましうち」という可能性もあります…。

相手の通常技を知るためには、実際にバトルしてみないと分かりません。

対ペルシアン最適解ポケモン

先に結論から、最適ポケモンを言います。
それは、コノヨザルです!!

私的に色々対策ポケモン調べたのですが、コノヨザルが最適である理由を言いますと。

  • ペルシアンの技で弱点にならない。
  • 対して、タイプ一致カウンターで弱点を突ける。
  • 回転率が良い技構成でシールドも剥がせる。
  • 育成がしやすい。

対ペルシアン対策では、タチフサグマメルメタルが強いと言われていましたが、これらのポケモンはかくとうタイプでないので、コノヨザルのカウンターより威力が低いです。

また、ニョロボンルカリオはかくとうポケモンで「グロウパンチ」を使えるのが大きいですが、タイプ相性的にコノヨザルの方が安定性があります。

コバルオン・テラキオンは、ペルシアンの通常技どちらにも耐性を持っていますが、最適技が限定技になっているため、初心者の方には育成が難しいポケモンです。
通常技はカウンターではなく、にどげりとなっています。

  • ニョロボン:だましうちに耐性。
  • ルカリオ :ひっかくに耐性。
  • コバルオン:どちらの技にも耐性。
  • テラキオン:どちらの技にも耐性。
  • コノヨザル:ひっかく2重耐性

ペルシアンはノーマルタイプなので、タイプ一致の「ひっかく」の方が強力です!
コノヨザルは2重耐性持ち+タイプ一致カウンターが強い。

ばるもん
ばるもん

コノヨザルの最速技「つじぎり」はグロウパンチとゲージ量35で同じです。
さらに、攻撃2段階アップすれば、ペルシアンも楽勝ですね!

それでも勝てないときは?

コノヨザルの技構成は「カウンター・つじぎり」が良いです!
つじぎりはタイプ一致でありませんが、コノヨザルが覚える技で最速で発動することが出来ます。
連打してゲージ技つじぎりが貯まったらひたすら攻撃しましょう!

強力な技を使用しても、サカキは2回シールドを使ってくるので、シールドを剥がすために回転率が早いつじぎりがオススメですね!

基本的にある程度CPが高いコノヨザルであれば倒す事ができるのですが、ペルシアンの技が「だましうち」であると少し苦戦するかと思います…。
そんな時は、ズルズキンを使いましょう!!

カウンター・グロウパンチ」にしましょう!
  • ペルシアンのだましうちに2重耐性持ち。
  • タイプ一致かくとう技を覚える。
  • グロウパンチでひたすら攻撃できる。
ばるもん
ばるもん

ニョロボン・ルカリオと違って「だましうち」が2重耐性になります

とりあえず、コノヨザルで戦ってペルシアンが「だましうち」だと分かった場合は、ズルズキンで再戦しましょう

その他おすすめポケモン一覧

上でも軽く紹介しましたが、
ニョロボンルカリオも弱点であるかくとう技を使う事が出来るので強いです。
タチフサグマメルメタルは、かくとうポケモンではありませんが、ペルシアンの技を軽減出来るので時間がかかっても安定して倒したい方にオススメです。

おすすめ技構成

コバルオン
にどげり
せいなるつるぎ*

テラキオン
にどげり
せいなるつるぎ*

ニョロボン
カウンター*
グロウパンチ

ルカリオ
カウンター
グロウパンチ

タチフサグマ
カウンター
クロスチョップ 

メルメタル
でんきショック
いわなだれ

カイリキー
カウンター
クロスチョップ

ギラティナ
(アナザー)
りゅうのいぶき
ドラゴンクロー

キリキザン
バークアウト
シザークロス
*は限定技です。

技解放は出来ればした方が良いのですが、サカキのペルシアンだけで準備するのであれば、技解放する必要はありません!
ほしのすなのコストが高いので初心者の方は必要ありません。

ルカリオ

ルカリオ

ルカリオはかくとうタイプで弱点を突きつつ、ペルシアンの通常技どちらも軽減することが出来ます!
さらに、優秀なカウンターに加え、相手がシールドを使っても攻撃力を上げることが出来るグロウパンチも回転率が早いです。

しかし、ルカリオは育成難易度が高いため初心者の方は育成出来ていない方も多いかと思います。
以下のポケモンもオススメします!

カイリキー

カイリキー

ジムなどでも活躍する機会が多いカイリキーは、ルカリオよりも育成がしやすいです。
通常技はカウンターで、ゲージ技は回転率の早いクロスチョップでシールドを剥がしていきましょう。

1度戦ってみてペルシアンの技が「だましうち」の場合は活躍することが出来ます。

ギラティナ(アナザー)

ギラティナ(アナザー)

カイリキーとは逆でギラティナ(アナザー)ペルシアンの技が「ひっかく」の場合は活躍することが出来ます。

通常技はりゅうのいぶきで、ゲージ技はドラゴンクローでシールドを剥がしていきましょう。
伝説ポケモンであり、耐久力がかなり高いポケモンとなっています。最大まで強化出来ていなくても十分活躍させることが出来ますよ!

キリキザン

キリキザン

キリキザン意外と知られていませんが、実は優秀だったりします。
ペルシアンを倒すことは難しいですが、ゲージ技の回転率が高く相手のシールドを剥がす能力としては強いです。

ペルシアンの通常技どちらにも耐性をもっており、未強化でもシールド2枚剥がせます!
戦い方も次に紹介します。

サカキのシールドを剥がすポケモンとしては、ほしのすなも使わないため初心者の方にも非常にコスパの良いポケモンとなっています!
キリキザンは12kmたまごから割と高確率で進化前のコマタナを進化させます。

勝率の上げる戦い方

サカキの初手のペルシアンに対して、対策ポケモンで挑む場合は「先頭ではなく、後ろに置く」ことが勝率を上げるカギになります。

要は対策ポケモン(ルカリオやカイリキー)2番目・3番目に置くと言うことです。

バトルがGO!になったら、すぐに2番目・3番目の対策ポケモンに交換することで、相手が少しの間硬直状態になります。(ロケット団の使用上)
その間に少しでもダメージを稼ぐことが実はかなり大きいです!

ゲージも貯めることが出来れば、相手のシールドも剥がしやすくなります。

回転率が良い技で相手のシールドを剥がすことが、かなり重要です!

この方法はGOロケット団リーダー(アルロ・シエラ・クリフ)戦でも通用しますので、ぜひ実践してみてください!

まとめ:しっかり対策して挑みましょう!

いかがでしたでしょうか?
今回はペルシアン対策に特化しましたが、今後サカキが登場しても1匹目はペルシアンである確率が高いので、立ち回りをマスター出来るように頑張りましょう!

コノヨザルとズルズキンの対ペルシアン最強タッグは、最近のイベント(はがねのバトル)で大量発生したので準備出来ている方も多いと思います!

 

ロケット団が最初に強力なポケモンを出してくると難易度が難しくなります。
したっぱロケット団が使うシャドウカビゴンも今回のサカキのペルシアンと同じ対策必須となっています!



X(旧Twitter)でも日々の記事やプレイ日記などをつぶやいています!
下記リンクからフォローして頂けると励みになります(*^_^*)
(@barumonGO)

コメント

タイトルとURLをコピーしました