【ポケモンGO】ジム防衛おすすめポケモンランキングを徹底解説してきます!

今回の記事では、ジム防衛に向いているポケモンを個人的にランキング形式にして、紹介・解説していきます!

最後まで見ていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

ジム防衛ポケモンの定義

本題のランキングに入る前に、強いと言われるジム防衛ポケモンに関して軽く説明します。

優秀なジム防衛向けで上げられるポケモンは、主に2種類に分けられます。

耐久力に特化したポケモン
かくとうポケモンに対して強いポケモンに分けられます。

耐久力に特化したポケモン

耐久力に特化したポケモンはその名の通り、そのポケモンの耐久力が高いポケモンのことです。

耐久力はポケモンごとに異なっており、固定で決まっています。
防御種族値×HP種族値=耐久力
の計算式で耐久力が分かります。

ジムで見ない日はない、最強防衛ポケモンのハピナスを例で説明すると次のようになります。
ハピナスはジムにおけるポケモンで最も耐久力が高いです!

防御 HP 耐久力
1位ハピナス
169×496=83,824

続いて、順番に4匹のせておきますね!

防御 HP 耐久力
2位ラッキー
128×487=62,336
3位カビゴン
169×330=55,770
4位クレベース
216×240=51,840
4位ブラッキー
216×240=51,840
同率4位クレベースの方が攻撃とCPが高い

いかがでしょうか?
こうやってみると、4位のクレベースブラッキー耐久力約30,000も差があるって凄いですよね!笑

みなさんが、ジムやレイドで使っている(伝説以外の)ポケモンの耐久力は、だいたい3万~4万くらいですので、5万を超えるとかなり防衛として優秀。

つまり、耐久力が高いポケモンは倒すのに時間が掛かるため、防衛に向いているって訳です!

悩める
コダッくん

じゃあ、このポケモンたちでジム埋めれば最強じゃん!

 

…っと思いがちですが、勘の良い方なら既にお気づきでしょう!

そうです!全員がかくとうタイプに弱いので、弱点が一環しています!!

カイリキー1匹で崩されてしまうことも…

どの攻略サイトなどでも、カイリキーは初心者の方でもオススメ!と言われてるくらいですからね。

そこで、ジム防衛のもう1つの役割を持ったポケモン達が活躍するわけです…!

かくとうポケモンに対して強いポケモン

耐久力の高いポケモンを置くと、かくとうタイプに弱いジムになってしまうため、かくとうポケモンに対して強いポケモンが活躍するようになります。

かくとうポケモンに対して強いポケモンの具体的なポケモンを上げてみました。

 耐久力 かくとう耐性
トゲキッス
42,9662重耐性
サーナイト
32,9552重耐性
ニンフィア
44,280耐性
フラージェス
45,384耐性
アシレーヌ
37,050耐性
ドンファン
38,295等倍

上げると数多くなってしまうので、基本的にカイリキーの「いわなだれルカリオの「シャドーボールが苦手じゃないポケモンを紹介しました。
ですが、トゲキッスサーナイトはジムでかなり見るので例外としました…。

基本的にかくとう技を軽減できるポケモンが、他に該当します。
ドンファンはかくとう技は等倍ですが、通常技がジム防衛に強い技を持って尚且つ耐久力もあります。

かくとうタイプに強いポケモンの中でも、耐久力がある程度高いポケモンの方がもちろん強いです!

かくとうポケモンに対して強いポケモンは、先ほど説明した耐久力に特化したポケモン(かくとうに弱いハピナスなど)の後ろに置くことで、攻撃側が戦いづらくなります。

おすすめジム防衛ポケモンランキング

それでは、結論から述べますと以下のようなランキング(S,A,B,C)評価になりました。

いかがでしたでしょうか?
「そうなんだ!!」と思う方もいれば、ガチ勢の方は「いや、こうだろ」という方もいるかもしれません…。

しかし!これだけだと、なんの根拠もないと思われてしまうので、理由も詳しく解説します。

おそらく、他の方が紹介していない私オリジナルのやり方ですので
ここからが、今回の記事で、実は重要なことだったりします!!

ジム防衛で重要な3つの要素

攻略サイトなどで「ジム防衛、最強ポケモン!」などを見るのですが、結構曖昧だったりします。

というのも「耐久力の高いポケモンを置いて長く防衛したい」のか「避けにくい技や火力の高い技で相手のHPを削る」などでジム置きの目的が変わってきたりします。

ですので、討伐時間も稼げて攻撃側が「攻めるのだるいなぁ・嫌だなぁ」って思わせるポケモンがジムに適しているのではないでしょうか。

ばるもん
ばるもん

早く倒したいのにジム破壊に時間もかかって、回復薬もかなり消耗すると嫌になってきますよね…。金ズリ回復されたらなおさら。笑

私が思うに、ジム防衛ポケモンは以下の3点が揃って最強といえると考えています!

それは…

“①耐久面“②耐性面“③反撃面

になります。

①耐久面

耐久面とは冒頭でも説明したポケモンごとの耐久力のことです。

耐久面が3つの中で”特に重要な要素になってきます。
耐久が優秀であると、ジムの時間稼ぎが出来るほか相手にその分ダメージを与えることができる。

攻撃力が高いポケモンは、基本的に耐久が低くなりがちです。
ジムに置くとダメージは稼げますが、ゲージ技を打てずに倒されてしまう可能性があります。

ジムに置くポケモンとしては、耐久力が35,000は欲しいですね…

ジム防衛にシャドーポケモンはオススメしません!!

②耐性面

耐性面とは、防衛ポケモンの”弱点になるタイプ“と”軽減できるタイプ“とします。

弱点が少なく、軽減できるタイプが多いと優秀と言えます。
弱点が少なければ、その対策が出来ていないと倒すのに時間がかかります!

ハピナスを例にあげると分かりやすいかと思います。

弱点が「かくとう」だけなので、かくとうポケモンがいないと倒すのに時間がかかりますね。
耐性は「ゴースト」の1つだけですが、圧倒的な耐久力で等倍相手でも強いです。笑

 

また、軽減できるタイプが多いと時間を稼ぐことも出来ます。
例として、メタグロスをあげますね。

メタグロスは、耐久が43,320とやや高く、タイプ10個のダメージを軽減することが出来ます。
さらに、優秀なエスパー技を覚えるので、かくとうタイプの足止めも一様可能。

軽減できるタイプが多いと、初心者の方や対策できていない方には強いです!
しかし、対策がしっかりと出来ているガチな方は、弱点を突いてきますので有効ではありません。
軽減できるタイプが多いことが優秀な点は変わりありません。

③反撃面

反撃面は、ジムに置いたポケモンが苦手な相手に対して、返り討ちに出来る強力な技を持っているかです。

攻撃側はジム防衛ポケモンに対して、当然有利なポケモンで挑んできます。
そこで攻撃側に嫌がられる技で反撃しましょう!

ばるもん
ばるもん

ジム攻撃しているとき、ゲージ技が直弾して大ダメージを受けると「うわっ!」ってなる方もいると思います。

反撃面でも、わかりやすくハピナスを例にあげます。

ハピナスは弱点が「かくとう」のみなので、かくとうポケモンで攻めてきます。
しかし、ハピナスには「しねんのずつき」や「マジカルシャインサイコキネシス」といった相手のかくとうタイプに強い技を持っています。

ばるもん
ばるもん

ほとんどの方はゲージ技は回避しますが、通常技は回避しないかと思います。

ですので、通常技の威力が高いだけで、相手のHPを削ることが出来ます!

このように、苦手なポケモンに対して、反撃できる優秀な技を持っていることもジム防衛ポケモンを評価するうえで重要になってくると思います。

優秀な反撃技の基準とは?

ジム防衛ポケモンの反撃技として、強いと言われる技の基準を解説していきます。

さきほどの、ハピナスのように苦手なタイプに弱点を突ける技は基本的に強いです!
しかし、反撃技で強いとされる理由は他にもあります。

防衛ポケモン向けの強いわざの基準

通常技(技1) :1発の威力が高い方が強い。(例:ねんりき、やきつくす)
ゲージ技(技2):①2ゲージわざor3ゲージ技。②技の出が早い技(例:のしかかり、ハイドロカノン)

まず、通常技(技1)は1発の威力が高い方が強いです。

当たり前のことなのですが、1発の威力が高い技って基本”わざのスピードがもっさりしています”
回避要素のあるジムやレイドでは使いにくいですが、ジム防衛ポケモンは一定の間隔で通常技を使ってくるので、技がもっさりのデメリットを受けることがありません!

 

次に、ゲージ技(技2)は分割ゲージ技で、かつ技の出が早い技が強いです。

はじめに、1ゲージ技をオススメしない理由を説明しますね!
1ゲージ技は威力が高いのが大きなメリットですが、ゲージが貯まるのに時間が掛かります。

さらに、ジム防衛だと技を打つ前に倒されてしまう可能性もありますし、回避しやすい技が基本的に多いです。(ハイドロポンプは避けにくい技構成なのであり)

よって、②技の出が早い技は回避しづらいため、ジム防衛ポケモンでは優秀です。

 

わざ解放に関しては気になる方もいるかもしれませんが、私的にはジムポケモンの技は1つの役割に集中した方が良かったりするので、わざ解放は無理にする必要はありません

ジム防衛ポケモン ランキング評価

では、ここで再度ランキング評価を見ていきましょう。

私がこのように順位付けした理由は、“①耐久面“②耐性面“③反撃面が総合的に優れているかで判断しました!

防衛評価の基準は、5段階の評価(各3つ×5点)の計15点満点で決めました。
階級(S,A,B,C)の基準は以下の通りです!

点数
15.0点
14.9~13.0点
12.9~12.0点
11.9点以下

Sランク

ハピナス
評価
防衛の役割耐久力に特化したポケモン
耐久面5.0
耐性面5.0
反撃面5.0
15点

Aランク

ラッキー
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.9  
耐性面5.0 
反撃面4.8 
14.7点
ミロカロス
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.5   
耐性面4.5 
反撃面4.9 
13.6点
カビゴン
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.7  
耐性面5.0 
反撃面4.6 
14.3点
トゲキッス
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.4    
耐性面4.2 
反撃面4.7 
13.3点
カバルドン
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.5  
耐性面4.6 
反撃面4.5 
13.6点
ドンファン
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.1    
耐性面4.6 
反撃面4.8 
13.5点
メタグロス
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.4    
耐性面4.5 
反撃面4.8 
13.7点
ベトベトン(アローラ)
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.2   
耐性面4.9 
反撃面4.0 
13.1点

Bランク

ヤドラン
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.1   
耐性面4.0 
反撃面4.7 
12.8点
ヤドキング
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.1    
耐性面4.0 
反撃面4.7 
12.8点
ニンフィア
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.4  
耐性面4.0 
反撃面4.5 
12.9点
アシレーヌ
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面3.7   
耐性面4.2 
反撃面4.9 
12.8点
ヌメルゴン
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.6  
耐性面4.2 
反撃面3.5 
12.3点
ブラッキー
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.6  
耐性面4.2 
反撃面3.7 
12.5点
クレベース
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.6   
耐性面4.1 
反撃面3.8 
12.6点
サーナイト
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面3.2  
耐性面3.8 
反撃面4.8 
11.8点
エルレイド
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面3.2   
耐性面3.8 
反撃面3.8 
11.8点
ソーナンス
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.2   
耐性面4.0 
反撃面3.0 
11.2点
ヤドキング(ガラル)
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.1  
耐性面4.0 
反撃面4.8 
12.9点
メルメタル
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.6   
耐性面4.6 
反撃面3.7 
12.9点
ブルンゲル
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.2    
耐性面4.5 
反撃面3.8 
12.5点
バルジーナ
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.6  
耐性面4.0 
反撃面4.0 
12.6点
ケッキング
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.4  
耐性面5.0 
反撃面3.5 
12.9点
ドククラゲ
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.2  
耐性面4.4 
反撃面3.5 
12.1点

Cランク

フワライド
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面3.2  
耐性面4.1 
反撃面3.5 
10.8点
ベトベトン
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面4.2  
耐性面4.0 
反撃面3.7 
11.9点
シャワーズ
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.4  
耐性面4.4 
反撃面3.1 
11.9点
ママンボウ
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.2   
耐性面4.4 
反撃面3.3 
11.9点
シャンデラ
評価
防衛の役割かくとうに強い
耐久面2.5    
耐性面4.0 
反撃面4.5 
11.0点
ドサイドン
評価
防衛の役割バランス型
耐久面4.5   
耐性面3.0 
反撃面4.0 
11.5点
ハガネール
評価
防衛の役割耐久力に特化型
耐久面4.6   
耐性面4.0 
反撃面3.2 
11.8点

まとめ:ジム防衛ポケモンは考察するとキリがない

ジム防衛最強ポケモンは「ハピナス」であることは変わらないです。

しかし、それ以外の今回紹介したポケモンは、私が個人的に評価したので必ずしも強いと言う訳ではありません。

長くなってしまいましたが、少しでも優秀なジム置きポケモンが分かっていただけたら嬉しいです!

ばるもん
ばるもん

防衛ポケモンのより詳しく紹介した記事は、別で解説していきたいと思っております!

それでは!!

コメント